HOME >  ワイナリー紹介 >  バッリォ・バイアータ・アラーニャ

Baglio Baiata Alagna

バッリォ・バイアータ・アラーニャ

アペリティーヴォとデジェスティーヴォ、マルサラの可能性を多くの人へ

生産者画像 生産者画像 生産者画像 地域とカンティーナの歴史

バッリォ・バイアータ・アラーニャは20世紀初頭にジュゼッペが創業。息子のアントニオの後を継いだ現当主エルコーレ・アラーニャは醸造学を修め、より上質なマルサラへの転換をはかり、家族経営でよりマルサーラの可能性を広げる為に積極的な運営を行っている。
柱となるマルサラをはじめスティルワインやアロマタイズド・ワインなども手掛け、この地の伝統的で豊富なワイン造りを体感できるエノ・トゥーリズモも開設し、その魅力を広めている。

葡萄畑

所有する畑は50haに及ぶ自社農園で葡萄を栽培、シチリアにありがちな国際品種に頼ったワイン造りを行うのではなく、自分たちの生活に根付いた伝統品種のみを栽培している。

醸造

カンティーナは発酵過程での近代化と熟成過程での伝統手法の順守を心掛けている。安定的な酒質の温度管理のできるイノックスタンクを使用。自社の葡萄果汁を加えた伝統的なモストコットを使用。ヴェルジーネの大樽保管には伝統的なソレラシステムを採用。一方、添加するミステッラは葡萄由来の蒸留酒に自社の葡萄果汁を加えたものを使用している。

ワイナリー住所

Via Salemi 752 , 91025 - Marsala

Wine