HOME >  ワイナリー紹介 >  カステル・デ・パオリス

Castel de Paolis

カステル・デ・パオリス

フラスカーティ改革の先駆者。カステッリ・ロマーニの可能性を指し示す

生産者画像 生産者画像 生産者画像 生産者画像 生産者画像 地域とカンティーナの歴史

永遠の都ローマを見下ろすカステッリ・ロマーニの丘陵地域にフラスカーティの生産地域は位置する。フラスカーティはバチカンの歴史と共に『法王のワイン』として、またかの詩人ゲーテも『楽園にいるようだ』と評したラツィオ州でも古くから知られたワイン生産地であった。しかしながら巨大な消費市場首都ローマを抱えるがゆえにその品質を追求する生産者が長らくあらわれず、隣接するトスカーナやカンパーニャのワインの後塵を排してきた。この地に大きな意識改革を齎した生産者こそカステル・デ・パオリスに他ならない。1960年代からこの地で葡萄栽培を行ってきたサンタレッリ家は1985年に招聘したミラノ大学の農学博士で栽培学の権威アッティリオ・シェンツァとの地質検証の結果、火山岩をベースとしたこの地に合う植生へ大胆に植え替えを当主ジューリオが決断した事から高品質のワイン造りを目指した。

葡萄畑

現在所有する13haの畑は1992年の時点で既に当たり前のこととして全面無農薬栽培への取り組みを行ってきたが、認証を取ったのは2007年であった。栽培密度は5,500本/haで一本の樹からは1kgから1.5kgに制限している。整枝方法は全てコルドーネ石灰を含む粘土質土壌で標高は250m〜280mに葡萄畑は広がる。

醸造

近代的な設備を持つカンティーナは3層構造で地下にはローマ時代の遺跡に繋がる樽の保管庫が広がる。一階部分にはイノックスタンクを中心に各種醸造設備が集中して配され、ローマ市街を見渡せる広いテラスを含むテイスティング・ルームを持ち機能的な設えとなっている。当初よりドナート・ラナティ、フランコ・ベルナベイ、カルロ・コリーノなど名だたる醸造家とコンサルタント契約を結んでワイン造りを行ってきたが、近年長く実際に栽培と醸造を担ってきた、ラツィオ醸造家の組合の主席を務めるファブリツォ・ボーノが手掛けるようになりその酒質が安定し、高い評価を集めている。

ワイン

全てのワインのラベルはローマ在住の画家マストロヤンニが手掛けている。現在、年間90,000本のワインを生産しその75%はローマを中心にイタリア国内で消費し25%を輸出。生産ワインは白のフラスカーティで3種類あり、その中には薄甘口のカンネッリーノも含まれる。ヴィオニエ中心のドンナ・アドリアーナと良質年のみ生産されるセルヴェ・ヴェッキエはこの地の新たな可能性を実証した2種の白ワイン。赤ワインは全てシラー種を主体に生産される。そして、デザートワインとして濃厚な貴腐香豊かなムッファ・ノビレを生産。

ワイナリー住所

Via Val De Paolis snc - 00046 Grottaferrata (RM)

Wine