HOME >  ワイナリー紹介 >  ルイージ・バウダーナ

Luigi Baudana

ルイージ・バウダーナ

セッラルンガらしい骨格と大樽熟成の魅力を映したバローロ

生産者画像 生産者画像 生産者画像 地域とカンティーナの歴史

ルイージ・バウダーナは長らくグリンツィング・カヴォールのエノテカ・レジョナーレに勤めていた。彼が妻フィオリーナと4.5haの葡萄園をスタートさせたのは1975年のことであった。もちろんその中には二つの歴史のある畑バウダーナとチェレッタも含まれている。幾年も試行錯誤を繰り返し、ようやく彼ら自身のボトルとしてリリースしたのはなんとそれから221年たった1996年の収穫からである。
セッラルンガは201haの畑を98の生産者が分かち合い所有しており、バローロ全体の13%を生産している。レナート・ラッティ氏がまとめたバローロのクリュに関する記述にある優良な畑とされる中に彼の所有する畑バウダーナとチェレッタも含まれている。
テロワールをしっかりと映し出すために、それらの古い樹はそれぞれ単一畑のワインとして造り上げる。一方比較的若い樹は村名バローロのベーシックラインに仕上げられる。生産規模の小さな彼らは瓶詰作業をバローロ村のヴァイラに委託している。

ワイン

以前、葡萄畑にはドルチェット、バルベーラやメルローなども栽培してきたが、今日では一部白葡萄を除きネッビオーロに集約して栽培しバローロの生産に絞り込んでいる。小樽熟成をへたチェレッタ、大樽熟成のバウダーナ、そして大樽と小樽を併用したバローロ・セッラルンガの3種類を生産している。また少量のランゲ・ビアンコ(日本未輸入)も生産している。

ワイナリー住所

Frazione Baudana 43, Serralunga,d'Alba (CN)

Wine