HOME >  ワイナリー紹介 >  アルチェスティ

Alcesti

アルチェスティ

太陽の恵みの中にしなやかさを感じさせ今日のシチリアを表現する造り手

生産者画像 生産者画像 生産者画像 生産者画像 地域とカンティーナの歴史

文明の十字路シチリアは地中海交易の拠点として周辺諸国との係争に晒されてきた歴史を持つ。その中で育まれた市場に対する柔軟性はこの地の葡萄栽培でも、ある時はトスカーナ原産品種の、ある時は国際品種の生産拠点としての下支えを長らくしてきた。近年ようやくその自我に目覚め、この地の葡萄への敬愛を注ぐようになり、真に自立したワイン生産地として魅力が高まってきた。
アルチェスティは2003年に創設された新しいカンティーナ。当主であるスパーノ家は設立に先んじて葡萄畑の購入を優先させてきた。彼らの会社名アルチェスティは、フランスのグルックが書き下ろした著名な歌劇『アルセスト』で登場する慈悲深きテッサリア王妃になぞらえつけられた。彼らの目指す、優美で大地の恵みを繋ぐスタイルをもったワイン造りを目指しこの名を選んだ。

葡萄畑

現在30haの葡萄畑を所有している。ここシチリアでは日照の強さは周知の事実だが、同時に近年の進む温暖化問題など彼らが目指すしなやかさと食事によりそう優美さを持ったワインを生産する上で、如何にそれらを制御するかという事が肝要になり、キャノピーマネージメントや収穫の時期や時間など幾多の努力を行っている。土壌は概ね粘土質と砂質の混成土壌で一部石灰質を含む区画も所有している。その砂質の混成具合によって植生を変化させている。当初より整枝方法はグイヨを選択、この地に多いアルベレッロより葉の管理が行い易いことより早くから導入している。

醸造

カンティーナの場所はシチリア東部トラーパニ県の最南部、マルサーラの郊外に位置している。カンティーナは至って近代的かつシンプルな設備を所有。全般的に発酵温度をやや抑えめに設定しており、個々の品種個性を捉えやすくする為と思われる。現在醸造家はシチリア各地でワイン造りを行う若きサルヴァトーレ・マルティニコが担当している。

ワイン

彼らの生産するワインは3つのレンジで構成される。エントランスワインが『リゾーラ・デイ・プロフーミ』で何れも伝統品種を使い、既存のシチリアらしかぬチャーミングさを感じる仕上がり。次に品種別でカタラット、グリッロ、シャルドネ(*)、個々の特徴をうまくとらえている。トップワインが白のニンフェアと赤のナルケ・ディ・ポエティ(*)。また近年瓶内二次発酵を行ったスプマンテ(*)の生産も開始した。現在生産の55%はイタリア国内で販売、その内シチリアで約55%が販売されている。輸出先としてはアメリカ、ドイツが群を抜きそのあとスイス、デンマーク、ベルギーなどが続く。(*)は日本未輸入

ワイナリー住所

c.da Terrenove 268 91025 Marsala - Sicilia 1025 Marsala - Sicilia

Wine