HOME >  ワイナリー紹介 >  モンテニードリ

Montenidoli

モンテニードリ

フレッシュ・アンド・フルーティばかりがヴェルナッチャでない。
この葡萄の本質にせまる稀有な造り手

生産者画像 生産者画像 生産者画像 生産者画像 生産者画像 地域とカンティーナの歴史

1965年に創業したモンテニードリはアマローネの名門アッレグリーニ一族に生まれたエリザベッタ・ファジョーリは『ワイン造り=男の仕事』という封建的な概念から飛びだし移住した。彼女はこの地の誰よりも伝統的な葡萄に深い愛着をもって接し、可能性を信じていた。醸造技術の進歩はワインの品質の根底を支えるものとなりヴェルナッチャ・ディ・サンジミニャーノ普及の礎となり、近年、若き生産者達が果実味のあふれるスタイルのワインとは一線を画し強い信念とゆるぎない大地への慈愛を持ち本来この地のワインが持ってた味わいを再現している。
彼女の個性に最初に気づき賞賛をの評価を与えたのは1995年にボルドーのVINEXPOで89年のカラートが1400もの白ワインの頂点にたつことで実証された。一方で彼女は国内のワインジャーナリズムの画一性とその態度を激しく拒絶することもあった。数少なき深い親交のあった今は亡きルイージ・ヴェロネッリは『エリザベッタはサンジミニャーノに隠棲し大地と共にある。彼女のワインに出会ったならワイン造りの数千年の文化が持っている静謐な力であなたに感動を与えることだろう。』と語っている。強き信念を持ち、畑で多くの仕事をこなす孤高の生産者と言えよう。 そのことを本人に話すと彼女は言葉少なげにしかし力強く語った『私は大地のお守りをしている看護士のようなものでしかないわよ。』と…。

葡萄畑

現在24ha所有する葡萄畑は東向きで早朝に日照があることがヴェルナッチャにとっては非常に重要とされる。土壌は主に黒葡萄を栽培しているのは三畳紀由来のミネラル分豊かな粘土質土壌。白葡萄にはティレニア海の新生代隆起に伴い出来た石灰質にとむ粘土質土壌に栽培している。開設当初から当然のこととして一切の農薬を使用せず葡萄栽培を行っている。葡萄はこの地の伝統品種のみで、モンテニードリを語る上で最も重要な品種はヴェルナッチャでこの葡萄の持つ可能性を引出すことに尽力している。

醸造

近年フレッシュ&フルーティなヴェルナッチャ・ディ・サンジミニャーノを造る生産者が多いが彼女にとってそんなスタイルには興味を示さない。酸と糖の拮抗した葡萄を用いしっかりとMLFを行ってより長い寿命と熟成による変化を楽しめるワインを造ることこそ彼女の目指すスタイルである。

ワイン

商品群は大別して3種のカテゴリーで構成される。主軸のヴェルナッチャ種は3つの異なるスタイルで仕立てられている。ベースのトラディジォナーレと、洗練された食事との相性をイメージしたフィオーレ、そして小樽熟成のカラートがある。次にキアンティ・コッリ・セネージを2種。(*)イル・ガッルーロは今日では珍しい白葡萄を混醸して造られる。(*)モンテニドーリは黒葡萄のみ使用。前述のDOCGワインに加え伝統品種を使用した個性豊かなIGTのワイン群としてトレッビアーノとマルヴァジアのヴィンブルスコ。ヴェルナッチャにトレッビアーノ、マルヴァジアを混醸し樽熟成させているテンプラーレ(*)。 カナイオーロ種のみで造られるロゼ(*)“カナイウオーロ”とサンジョヴェーゼ100%のトップ・キュヴェ“ソノ・モンテニドーリ”を生産している。 (*)日本未輸入

ワイナリー住所

Loc.Montenidoli,San Gimignano 53037,Siena

Wine