HOME >  ワイナリー紹介 >  カーサ・エンマ

Casa Emma

カーサ・エンマ

重厚さから優美さへ。新たな舵をきった新生カーサ・エンマ

生産者画像 生産者画像 生産者画像 地域とカンティーナの歴史

貴族であったエンマ・ビッザーリ卿が所有していた農園をブカロッシ家が1972年に購入した。まず彼らは6年の歳月を掛けて葡萄園の植生の変更と整理そして、カンティーナの修復作業に力を注いだ。そうして1階に醗酵施設とティスティングルームを、地下に熟成庫を備えたカンティーナが1978年に完成した。彼らのワイナリーはフィレンツェの南西約40kmのバルベリーノ・ヴァル・デルサ村に位置し、今日ではブドウ畑18haとオリーブ畑2.3haを有するカンティーナとなった。

葡萄畑

現在彼らが所有する21haの葡萄園は標高420mの丘陵部に位置する。傾斜は総じて日照の長い南西に向っている。土壌は砂利混じりの泥灰土で石灰石も混交している。総面積のうち18haにサンジョヴェーゼを丘陵の頂上部の2haをソロイオ用のメルローを作っている。そして残りの1haでカナイオーロ、マルヴァジア・ネーラなどを栽培している。

醸造

エンマの想いは決して唯我独尊、ワイン単体で楽しむような排他的な力強さだけをたたえたものを目指している訳では無い。凝縮した果実味の中に品種個性と土壌、そしてエレガンスやフィネスを感じる洗練こそ彼らの目指すワインである。例えばより繊細でニュアンスに富んだサンジョヴェーゼの個性を重視する為、熟成期間に合わせた様々な容量の樽を使い分けるなどに表れている。カンティーナ創業以来彼らのワインの醸造家であったニコッロ・ダッフリット氏から、2003年の収穫から新たにカルロ・フェリーニ氏を起用しながらも、その方向性はより鮮明に当主の目指すスタイルが打ち出されている。ことにグランセレツィオーネにみられる厳しい収量制限とより長い熟成期間を設定する辺りにその実直さが垣間見られる。

ワイナリー住所

S.P. di Castellina in Chianti, 3 San Donato in Poggio 50021 - Barberino Val d'Elsa (Firenze)

Wine