HOME >  ワイナリー紹介 >  アンティカ・フラッタ

Antica Fratta

アンティカ・フラッタ

シャルドネ主体の優美なフランチャコルタ

生産者画像 生産者画像 生産者画像 地域とカンティーナの歴史

元来ロセッティ卿のヴィッラとしてモンティチェッリ・ブルサーティにある邸宅を1979年にスプマンテ造りの名門であるジッラーニ家が購入し、土地とセラーを生かしてカンティーナの運営を行うことになり大きな変革が行われた。彼らがまず行ったことは葡萄園の土壌を精査し、シャルドネを主体にしたワイン造りに絞り込むという英断であった。そして目指したのは、繊細でフィネスを感じるスプマンテを産み出す事であった。フラッタの特筆すべき味わいは若いうちだけでなく、瓶熟を経て多少泡が柔らかさを帯びてきたときの変化も興味深い。栗や蜂蜜のような幾重にも重なる複雑なブーケはシャルドネの大きな魅力といえ、原料のワイン自体の質の高さがあって楽しめる進化といえる。
今日多くのスプマンテを流通させる『ベルルッキ・グループ』の中でもフラッタはフランチャコルタの『珠玉の宝石』として高い位置づけをあたえ、多くの資本と熱意をもってワイン造りに傾注している。新たに加わったエッセンスシリーズはその結晶で長い熟成期間を持たせている。

ワイン

60ヶ月の長い瓶内熟成を経た同社最高のキュヴェ、クイントエッセンスを筆頭に展開する長期熟成のエッセンスシリーズはミレッジマートのブリュットとロゼ、NVのサテンの3種類に近年日本未輸入のナチュールの生産を開始した。また、スタンダードレンジとして、ブリュットを生産している。以前はスティルワインの生産も行っていたが、今日ではスプマンテに生産を集約した。

ワイナリー住所

Via Fontana, 11 - 25040 Monticelli Brusati (BS)

Wine