HOME >  ワイナリー紹介 >  ボッリーニ

Bollini

ボッリーニ

冷涼なドロミテの入り口で、品種個性を最大限引き出す。
ニール・エンプソンとフランコ・ベルナベイの結晶

生産者画像 生産者画像 地域とカンティーナの歴史

長年イタリアワインの輸出に携わってきたニール・エンプソン。彼がその経験の中からイタリアの大いなる恵みを感じるワインを造りたいという想いから選んだ場所、それは人と風景が理想的なハーモニーを奏で、素晴らしいテロワールを持つトレンティーノであった。この地は数百万年も前の氷河が溶け出し様々なミネラル分をアルプス山麓縫うように浸透させ、今もしっかりと土壌に根付いている。そしてそれらは大地の恵みとしてワインの中に静かに閉じ込められる。
古の詩人は語った『情熱は第二の太陽である』と…。彼が目指したのは、手頃な価格でありながら、安定した品質と、その個々の葡萄品種特性を素直に引出したワインであった。現在、醸造家は長きにわたりワイン造りを共にした最良のパートナー、フランコ・ベルナベイが手がける。彼を筆頭に栽培農家や総べてのスタッフの高い目的意識にを共有している。ボッリーニは大自然の恩恵と人の情熱に支えられて生み出される。

ラベル

すべてのラベルはニールの妻マリアのデッサン画で記されている。それぞれの品種の個性をその絵に表現し、個々のワインの特徴を捉えて印象に残る。

Wine