HOME >  ワイナリー紹介 >  ワルタリア

Wartalia

ワルタリア

火山性土壌に根差した伝統品種の個性をうまく引き出す、
高いコストパフォーマンスを誇る生産者

生産者画像 生産者画像 生産者画像 生産者画像 地域とカンティーナの歴史

2004年に創業という新しいカンティーナのワルタリアは、カンパーニア州ベネヴェント県のグウアルディア・サンフラモンディに位置する。カンティーナの名前はこの町のいにしえの名称でラテン語での表記WALDA(イタリア語のGuardareに相当)に由来する。現在50haの畑から約87,000,000本のワインを生産する。彼らが目指すのは、ワイン単体のインパクトある造りを目指すのではなく、品種、大地、そして伝統をつないだ結晶としてのワイン造りを目指している。つまり食事と共にあり最後の一滴まで飲み干してもらえるようなワインを生産している。

葡萄畑

カンパーニア州の中でも内陸部に位置するベネヴェント県の平均的な標高は300mを越えている。土壌は概ね粘土質石灰土壌を中心に火山岩性の土壌も多く見られる。グウアルディア・サンフラモンディの畑の他、近郊に幾つか点在する畑では、白葡萄はマルヴァジア・ビアンカ・ディ・カンディア、ファランギーナ、グレコ、フィアーノを栽培し、また黒葡萄ではアリアーニコ、サンジョヴェーゼを栽培している。近年の国際品種の隆盛には興味を示さず、自分たちの土地に長きに渡って根付いてきた伝統葡萄を大切に守っている。

醸造

いずれの品種でもその特性をワインに閉じ込めるようワルタリアのアリアーニコ以外は総てステンレスタンクで定温管理された状態で発酵、熟成を行う。シンプルながら彼らのワインの一貫したスタイルがそこに感じ取られる。

ワイン

現在同社では3つの商品レンジを生産している。(*)ワルタリアはサンニオのDOC規格で生産される同社トップレンジで、総てモノ・ヴァラエタルで生産。赤はアリアーニコ、白はフィアーノ、グレコ、ファランギーナを生産。ダナエはベネヴェンターノIGT規格で総て単一品種で生産されている。名前の由来はギリシア神話の最高神ゼウスが恋したアクシス王の一人娘の名前を冠している。現在、赤のアリアーニコ、白のファランギーナとグレコそしてフィアーノを生産。いずれの商品も取扱いあり。(*)キコイは、ベネヴェンターノのIGT規格で生産される同社のベーシックレンジで、白はマルヴァジーア・ビアンカ・ディ・カンディア、赤はサンジョヴェーゼを主体としたブレンドで生産される。イタリアでは通常使用しないKの文字を重ねて使用することからも分かるがゲルマン系のテウトネス族の伝承に由来する名前を持つ。(*)日本未輸入

ワイナリー住所

Localita Cavarena - 82034 Guardia Sanframondi (Bn)

Wine