HOME >  ワイナリー紹介 >  ヴィッラ・ブランカテッリ

Villa Brancatelli

ヴィッラ・ブランカテッリ

無農薬栽培を実践するアグリツーリズモ。
テッラ・ロッサの土壌からしっかりとしたワインを生み出す

生産者画像 生産者画像 地域とカンティーナの歴史

シチリア、メッシーナの近郊サン・ピエトロの葡萄栽培農家に生まれたジュゼッペ・ブランカテッリは、オランダのレストランで長く働いてきた。その経験を生かすべくワイナリーとアグリツーリズモを2003年に開いた。場所はリヴォルノ県のボルゲリの南でヴァル・ディ・コルニアのすぐ北に13haの葡萄園を所有している。土壌は概ねテッラ・ロッサでしっかりとした酒質をたたえたワイン造りを行っている。開設当初より自然環境を重視し無農薬での栽培を行っている。

ワイン

ワインは6種類、白のアンソニカ100%からなるスプレンデンンテ(*)、赤ワインはベースとなるクエスト・デディカート・アとカベルネの新樽熟成のヴァッレ・デル・ソーニョ(*)と旧樽を使ったヴァッレ・デル・ステッレ。そして当主自らの名を冠したシラー100%のジュゼッペ・ブランカテッリの4種類。またアレアティコ100%で造られる赤のデザートワインのレ・デッラ・ヴァッレ(*)も少量生産。 (*)は日本未輸入



ワイナリー住所

Loc.Casa Rossa,2 sp21 ,Riotorto ,Piombino (LI)

Wine