HOME >  ワイナリー紹介 >  カンティーナ・チェッラーリオ

Cantina Cellario

カンティーナ・チェッラーリオ

飾り気のない素朴さはまさに現地仕様。
みずみずしいファヴォリータとドルチェット

生産者画像 生産者画像 生産者画像 生産者画像 地域とカンティーナの歴史

ジャンピエトロ・チェッラーリオは伝統的な葡萄の栽培に長くいそしんできた。彼には個性的な土壌とタナロ川の息吹を感じる恵まれた環境があった。現当主ファゥストは外の空気を感じる為にしばらく働いていたボルドーのポムロール村で経験を積んできた。そしてこの地に立ち返ったときやはり彼が感じたことも父と同じ、この恵まれた大地を生かすことが自分たちのなすべきことであると…。

葡萄畑

7haある葡萄畑にはドルチェット、バルベーラ、 ネッビオーロ、グリニョリーノ、ファヴォリータの5種の伝統品種を栽培している。所有する葡萄畑は5か所に分かれて所有。モンキエーロ、ドリアーニ、ファリリアーノに各1ヶ所とカンティーナのあるカッルに2ヶ所分かれており、これらにはドルチェットに最適な畑として知られるサン・ルイージやコルノーレの畑も含まれている。白葡萄はヴェルメンティーノのこの地の呼び名ファヴォリータを中心に栽培。またカッルの村の一つにピエモンテでも非常に稀有な品種ナシェッタを2007年に植え今後その動向が目を離せない。

醸造

彼らが目指すワイン造りにおいて木樽の使用は 非常に限定的なものとなっている。このことは彼ら自身がドルチェットの品種個性はテロワールの再現という点が最大の魅力であり、そこにはそれらを覆い隠す木樽の香りは最小限に抑えるべきという彼らの強い信念に基づいている。

ワイナリー住所

Via per Farigliano, 23 - 12061 Carru

Wine